ジェルで美容を考えてみよう俺の名は「ケイトスペード」あらゆる謎を解明します。

美容に適したジェルで肌に潤いを高めましょう・

ジェルを使う前に注意すべきこと

ジェルを塗る前に注意しなければならない事がいくつかあります。
それは、普段の食生活を整えると言う事です。美容にいくらよいジェルを使ったとしても、毎日、睡眠不足でクマが出ているような状態では、ダメだと言う事です。

まずは、睡眠時間の確保や美容によい食事などを心がけましょう。ポテトチップスを毎日食べていては、ニキビが出来てしまう確率はかなり上がりますし肌にとってもよくありません。脂っぽい物ばかりを食べていてもいけませんし、かといって偏った食生活をしてもいけません。
世の中はバランスが大事でそれが出来た上で美容に適したジェルを使うのがよいでしょう。

ただし、使う人によって効果は違ってくるのが普通です。人によって肌の質は違いますし、マッサージの上手さなど、様々な要因が考えられます。その辺りも、しっかりと調べたうえでジェルは使いましょう。
最近ではユーチューブの動画などにもマッサージなどのやり方が見れるようになっていますので参考にするとよいでしょう。ここでは3種類の美容のよいとされているジェルと紹介しますが、あなたにとって役立つ情報であればと思っています。

セブンブレイクジェルフォーフェイスでマッサージ

セブンブレイクジェルフォーフェイスは顔専用のマッサージジェルになっています。
洗顔後に手の平に出して顔の下から上、さらに外側から内側に向けてまんべんなく伸ばし、顔の輪郭に沿ってマッサージをすることで、フェイスラインをすっきりとさせることが出来、顔痩せの効果を得ることが出来ます。

また、このセブンブレイクジェルフォーフェイスは冷凍庫に入れて凍らせることが出来るため、シャーベット状にして利用することが出来るというメリットもあります。


セブンブレイクジェルフォーフェイスの効果
お風呂上がりや夏の暑い時期などの火照っている顔にシャーベット状になったセブンブレイクジェルフォーフェイスでマッサージをすることで、ほてりを鎮めることが出来ますよ。

ただし、気を付けていただきたいのは、冷凍庫に入れるのは30分程度で、それ以上凍らせてしまうと完全に固まってしまいチューブからシャーベット状のゲルを出すことが出来ません。

メントールなどの刺激的な成分も含まれていますので、目の周りなどに付け過ぎないように気を付けましょう。
人によっては肌に合わないという方もいますので、パッチテイストなどを行ってから利用することをお勧めします。

ブヨレスジェルで体を引き締める

ブヨレスジェルはブヨブヨとした身体を引き締めることが出来るジェルになっています。

フランス由来の引き締め成分であるユニスリム(マテ茶葉エキス)・ポリリフト(アーモンドエキス)・リポケア(ミシマサイコ根エキス)が配合されています。他にもコーヒー種子エキスやカフェインなどの引き締め成分や、スクワランやヒアルロン酸Naといった保湿成分、トウガラシエキスやショウブ根エキスといった植物エキスも含まれているとろりとしたジェルです。

このブヨレスジェルは塗ってマッサージをするだけという手軽なケアでブヨブヨとした体のラインを引き締めることが出来ます。

むくみがちなふくらはぎなどに塗ってまっさーじをすることでむくみケアを行うことも可能です。

赤外線天然鉱石が配合されているボディーローラーと併用することで、さらに効果を期待することが出来るそうです。
デメリットとしては、成分にさまざまなケミカル成分が含まれている点があります。
やはり人によってはこのケミカル成分が気になるという人もいるかもしれませんね。

ケミカル成分としてはソルビン酸Kやアセチルジペプチド-1セチル、メチルパラベンなどが配合されています。

イオプルでジェルと美顔器を使おう

マイナスイオン美顔器のイオプルは、美容液をイオン化してお肌に導入する働きをしてくれます。
美容液を手で塗っただけではお肌にほとんど浸透されていないと言われていますが、イオプルを使うことによって水溶性の美容液を電解液にすることが出来、マイナスの電流がお肌に流れるという仕組みになっています。

つまり、美容液の成分をしっかりとお肌に浸透させることが出来るようになります。

使い方は簡単で、美容液を含ませたコットンをイオプルに挟み、軽くお肌にあてていくだけでお手入れが出来てしまうんです。
イオプルのメリットは、自分の好きな美容液でケア出来てしまうところです。
決められた美容液やジェルを使わなくてはならないとなると、お肌に合う合わないが出てきてしまいますが、いつも使っている化粧水や美容液をそのまま使うことが出来るので安心して使うことが出来ますね。さらにバイブレーターでお肌をマッサージすることも可能です。

デメリットとしては、お肌に異常がある場合は使うことが出来ませんので、吹き出物で悩んでいるといった方にはおすすめ出来ないところかと思います。
全てのお肌の状態に使える美顔器ではないので、使用される時は自分のお肌の状態をよく確認してからにした方が良さそうです。